読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分ジャズピアノ練習法

もう挫折しない!手っ取り早く弾けるようになりたい人に、練習のコツを教えます

基本のブルース アドリブ編

ブルースのアドリブについて。 

 

ブルースには特徴的なサウンドがあります。

色々考えるより、このサウンドを含んだリックを覚えてしまった方が早いと思います。

 

まずは、基本のリックを3つ使った練習を紹介します。

もちろん全キーで弾けるのが望ましいですが、まずは一番よく演奏するCとFの2つのキーで練習しましょう。

 

リズムはスイングです。

 

f:id:tenminutesjazz:20170208184003j:plain

3つのリックとは

・1小節目のリック(2、3、7小節目も同じリックを使用)

・4小節目のリック(5、6、8、12小節目も同じリックを使用)

・9小節目のリック(10、11小節目も同じリックを使用)

 

コードに合わせて移調したり、前後に合わせて形を少し変えたりしています。

このような使い方をする短めのメロディのことをリックと言います。

まずはこの3つのリックを自分のものにしてくださいね。

 

ブルースのアドリブはリックが増えると自然にできます!

 

 

Fのキーはこちら

f:id:tenminutesjazz:20170208184455j:plain

*装飾音の弾き方についてワンポイントアドバイ

ブルースの場合は、人差し指を黒鍵から白鍵にスライドさせて装飾音を弾きます。

それにより、もやっとした弾き方ができ、よりブルースっぽさが出ます。