読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10分ジャズピアノ練習法

もう挫折しない!手っ取り早く弾けるようになりたい人に、練習のコツを教えます

ジャズを演奏するにあたって大切な3つのこと 其の弐

 其の弐 ケーデンスを理解すること

 

ケーデンスとは、小さいコード進行のことです。 

2−5−1進行(ツーファイブワン)などが一番よく使われますが、他にも色々あります。

 

ケーデンスは、小説でいうところの ”起承転結” にあたります。

ケーデンスが無意識でわかるようになると、アドリブがより音楽的に良くなるだけでなく、セッションでロストもしにくくなるでしょう。

この ”無意識” というのがポイントです。

もちろん意識下ですけれど(笑)、そこに集中せずにプレイするということです。

特にピアニストは右手・左手・ペダル・コード進行・アドリブ・バッキング・全体構成・エンディングなど、考えることが多いので、いかに ”無意識” でできる演奏を増やすかは非常に大きな壁であり、乗り越えなくてはいけないところです。

 

ケーデンスを無意識でわかるようになるためには、曲を聴くときも、リックを練習するときも、盛り上がったあとどこに向かって収束していくのか(どこがトニックなのか)を意識していくことで、徐々にわかるようになります。

 

少し難しい話をしましたが、要は一個一個のコードを見るのではなく、幾つかのまとまりを探すってことです。初心者の方は、「ふーん」くらいでも大丈夫です。